大人の英語勉強法

現在の日本人の大人は、おそらくは、全ての人が、英語を勉強してきているのではないでしょうか。

良くも悪くも大人の英語の勉強とは再勉強なのです。

私自身、40歳を過ぎてから英語の勉強を始めたのですが、なかなか思うように学習が進まない一つの理由に、中途半端に英語が分かるところがあるように感じています。

私自身の結論としては、大人は子供のように学習してはうまくいかないし、大人には大人ならではの武器もあります。ここでは大人が英語を勉強をする時に最も効果的な方法を提案します。

最初にお断りしておきますが、ここに掲載している勉強法は、私が、私の為だけに、いろんな本やHPなどを参照しながら、試行錯誤している方法です。

従って、参照した本やHPが不明なことも多いので、信憑性はあまりないのかもしれません。また、「科学的根拠がない」と思う人もいるでしょうが、そもそも、私自身、科学的根拠に関しては二の次で考えていますから、そういう点についてもほとんど触れていませんから、科学的根拠がない話に興味のない人は、この先を読むと時間の無駄になるかと思います。

また、私自身が、もっとも効果的だろうと思う方法でありますから、これを読んでいる人にとって最適解とは限りません。その点についてはよくご理解ください。

そして、日々修正していたので、やや話があっちこっちに飛んでしまっていますので、近いうちにまとめ直したいと思っています。

英語は勉強するのではなく練習する!

さて、いきなり、結論から入りますが、英語は、勉強するのではなく、練習するのです。

英語に限らず、言語は、勉強ではなく、練習です。(算数も練習した方がいいと思っていますが・・・)

このサイトでは、勉強という言葉を一応使っていますが、ニュアンスとしては、勉強ではなくて、練習とかトレーニングという意味合いで使っていると思っていただいた方がしっくりくるかと思います。

理屈がどうとかこうとかということではなくて、できるようになるまで練習するだけなのです。

自転車に乗れるようになるまで練習するように、泳げるようになるまで練習するように、英語が分かるようになるまで練習するだけなのです。

では、英語の何を練習するのか?というと、それは、発音とリスニングです。

私自身は、英会話にはあまり興味がなくて、英文を読みたいという思いで英語を勉強すると考えたのですが、しかし、結論としては、発音やリスニングは避けては通れないということです。

今、皆さんは、この文章を読まれているわけですが、どのようにして読んでいるでしょうか?

黙読でしょうか?音読でしょうか?

いずれにしても、ほとんどの人は、文字を見た後、音に変換してから理解しているのではないでしょうか?

速読ができる人は、文字をそのまま理解できるようですが、一般人は、一度、音に変換することで理解しているのです。

従って、音に変換できないと、文字は理解できないのです。

そして、音に変換するためには、発音ができないといけません。上手か下手かはとりあえず置いておいて、少なくとも、英語の発音、リズムが理解できていないと読めません。

後述しますが、発音は、リスニングと常に相関関係があります。聴き取れない音を発音することはとても難しいですし、発音できない音を聴き取ることもとても難しいのです。

このように、英語ができるようなることは、英語が聴き取れ、英語を発音できる状態になるまで、練習することにほかなりません。

それ以上でも、それ以下でもありません。

英文法云々とか、単語力というのは、また、別の話です。

ネイティブの幼児レベルまで英語を使える状態にすることが、英語の勉強で、練習なのです。

いきなり英語が上達するわけがない!

世の中には、いきなり英語が上達!なんて英語教材も多数存在しますが、正直なところ、そんなことはあり得ないです。

まあ、あるケースはあるのです。それは沸点間際まできている人ですね。99度の水は、あと1度温度が上がれば気化するようなものです。そこまでいっていない人が、いきなり上達というのは、難しいでしょう。

英語といいますか、言語の習得とは、頭で理解するようなものでなくて、どちらかというとスポーツのようなもので、もっと感覚的なものです。

泳げない人が、どんなに水泳の教本を読んでも泳げるようにはならないように、英語も、どんなに教科書を開いて勉強していてもダメなのです。

受験英語やTOEICなどは試験ですから、テスト対策として勉強するのは理にかなっているので、そういう場合は、いわゆる勉強をするわけですが、言語として英語を習得しようとするのであれば、日本語のように英語を扱えるようになるためには、勉強していてはいけないのです。

もっと、身体で覚えてしまわないといけないのではないでしょうか。

最近、音読が流行っていますが、言語は、座学ではなく、全身を使った運動だと考えた方がいいでしょう。

日本語を基礎に英語を何とかしようとするからダメ!

結局、日本の学校での英語の勉強というのは、日本語ありきの勉強法なのです。

日本語をベースにするから、リスニングなんかも大変なのです。dogという音が聞こえたら、dogの意味は犬だなと考えて、そこから犬のイメージを思い浮かべているようでは、リスニングなんてできるわけがないのです。

ここが大人が英語を勉強する上で最も困るところです。

英語の勉強を始めようとすると、当然ながら、自分の実力に近いところや、もっと簡単な教材を用意すると思いますが、そうしますと、そのような英語教材に載っている英文というのは、なんとなく意味が分かってしまうのですね。

完全に意味が分からなくても、意味を理解しようと頑張ってしまうわけです。当たり前な話として、ネイティブの人はそんな回りくどいことはしませんよね。私たち日本人も、いちいち聞こえた音を別の言語に翻訳して理解しているわけではありません。聞こえたまま理解しているのです。

従って、英語も聞こえたまま、読んだまま理解できるようにならないといけないのです。

そして、それでは補いきれない部分を日本語に翻訳したり、文法的に解釈する等の方法で理解していくようにすべきなのではないでしょうか。

英語を英語のまま理解することができたら、素敵ですよね。

そんな英語を英語のまま理解できる勉強法が最も大事な勉強法だと考えています。

いわゆる英語脳ができた状態になることが、ココで目指している英語の勉強です。

語彙力は後回し

例えば、簡単そうな英文があって、その英文を読もうとすると、わからない単語だらけで、辞書をひきながら読んでみた経験ってないでしょうか。

こんな時に思うのが、「やっぱり単語をいっぱい覚えておかないと話にならない!」ではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

本当にそうですか?

私も、大人になって英語の勉強を始めたときに、単語をたくさん覚える必要があると思いました。

しかし、語彙力があれば、英文を読むことができるのか?というと、そうでもありません。

私が英語の勉強を再開したときに、基本的な1,000~2,000語くらいは覚えていました。

ところが、初学者用の教材で基本的な1,000語で書かれた英文を読もうとしても、おおよそは分かりますが、でも、やっぱり理解できなかったのです。

そもそも、英語のまま理解はできませんから、日本語に訳しながら読んでいますし、それですら、半分くらいしか意味が分からないのです。

英語というのは、基本的な単語だけでほとんどの言い回しができるようになっています(もちろん英語に限った話ではありません)。

すなわち、一つの単語の意味を一つ覚えた程度では、その単語を覚えたことにはならないのです。

その前後の単語との組み合わせで、意味が全く変わってくることさえあるでしょう。

基本的な単語ほどその傾向は強くなります。

例えばネイティブでも知らないような10,000語レベルの単語は、確かに難しい単語だったりするわけですが、それらの多くは、名詞であったり、形容詞、動詞であって、知ってるか知らないかだけの話で、その単語を使うことが難しいことではないのです。

こういう単語というのは、使う場面が限定的であります(だからネイティブでも知らない人が多いのです)から、そういう場面に多く出会う人なら、そのうち覚えますし、そうでない人は知っている必要さえないのです。

それよりはむしろ、ofとか、forとか基本的な単語の方が遙かに使い方は難しいのでし、こういう基本的な単語を使いこなせることが最も重要なのです。

語彙力というのは、英語学習の点で見ると、枝葉に過ぎません。

枝葉の勉強は、幹がしっかりした後なら、勝手にできてしまうようなことです。

まずは、英語の幹となる部分を学習すること、すなわち基本的な1,000~3,000語の学習をしましょう。それができあがってしまえば、後は、実践あるのみです。わざわざ勉強することなくとも、必要に応じて辞書をひくなり、本を読むなり、映画を見るなり、ネイティブと話すなりすればすむだけの話です。

ネイティブに、質問して、その回答が理解できるようになれば、もはや日本語とかわないですね。まずは、そこまで一気に勉強しましょう。

大人の為の英語勉強法

さて、では、大人はどのように勉強すれば良いのでしょう?

言語は、聴く、話す、読む、書くことが必要です。

そして、聴くと話すは互いに相関関係がありますので、どちらが先とか後とかはなく、発音できない音は聞こえないし、聞こえない音は発音できません。できませんとは書きましたが、近い音は再現できますから、少しずつ歩み寄っていく必要があるのです。

そして、聴く、話すができたら、次は読むです。読むのに音は関係無いと考える人も少なくありませんが、私たちの大半は、黙読の時も頭の中で音声化しているはずです。読んだ文字を音に変えた後、意味を理解する人がほとんどです。速読の訓練をしたような人は文字からそのまま意味を理解する人もいるでしょうが、多くの人はそうではないですし、基本的には、そういうものだと思われます。

従って、文字を読むためには音読できる必要があるわけです。音読できて、読めるようになります。

そして、最後に書くです。書くことに関しては、必要無い人もいるでしょう。日本語でも文章を書けないという人は多いものです。もちろん、LINEやメールで口語を文字化することはできるでしょうが、いわゆる文章を書くというのは、また異なって技術です。これは、必要に応じて勉強すれば良いでしょう。

まずは、聴く、話すを目指しましょう。そして、読めるようになりましょう。

さて、実際には、どのように始めていくかというと、最初に、これまで勉強してきた英語は、すっかり忘れてしまいましょう。

英語の勉強を始めましょう!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 私の英会話勉強法 英語を独学で勉強する最短距離私の英会話勉強法 英語を独学で勉強する最短距離
    私が現時点でベストと考えている独学英会話勉強法を紹介します。私がいいと思っているので、私が実践します。そして私がやってみてダメだと思ったらこっそり修正しますし、面白そうな方法が見つかったら追加します。
  • オンライン英会話だけで英語はできない!勘違いしてはいけません!オンライン英会話だけで英語はできない!勘違いしてはいけません!
    最近ではSkypeを利用したSkype英会話とかオンライン英会話と呼ばれるインターネットを利用した英会話が人気です。でも、オンライン英会話は英語の勉強の最終仕上げです。英語を満足に話せない人はお金の無駄遣いですからまずは独学してからにしましょう!
  • 英語教材を買っても英語ができるようになるわけじゃない!英語教材を買っても英語ができるようになるわけじゃない!
    英語を勉強するための教材はとにかくたくさんあります。英語教材の選ぶ為に比較するのもなかなか大変なのですが、英語教材を買うことで英語を学習するということではなく、自分の英語学習プランに最も合いそうな英語教材を選ぶことが重要なのです。
  • 英語の勉強も基礎が大事です英語の勉強も基礎が大事です
    基礎的な勉強をおろそかにしていたら結局いずれ後戻りしてやり直さなくてはならないのです。基礎トレは楽しくありませんが、基礎トレで自分自身が変化していることを楽しめばいいのです。